トップ / 赤ちゃんのアトピー治療には漢方薬

赤ちゃんのアトピーの治し方

赤ちゃんのアトピー治療には漢方薬

漢方薬で赤ちゃんのアトピー治療

赤ちゃんがアトピーになりやすいのは、肌のバリア機能が弱いことが大きな原因として挙げられます。乾燥しがちでダニや埃などの影響を受けやすく、少しの刺激でもダメージを受けてしまうでしょう。しかし、それだけが赤ちゃんのアトピーの原因ではありません。免疫機能の強さもアトピーと大きな関わりがあります。

免疫力が強ければ、皮脂の分泌量があまり多くなくても、アトピーの症状が和らいで行きます。バリア機能も強くなって行き、乾燥しにくい肌になって行くでしょう。そして、免疫力の強さは腸内環境と深い関わりがあります。腸内環境が良好なら、肌の調子が良くなることも多いでしょう。

腸内環境を改善するには、漢方薬がよく使用されます。そのため、アトピーを治すのにも漢方薬がピッタリなのです。病院などではステロイドを使用した治療方法を勧められることが多いですが、あえて漢方薬を使った治療方法を希望する人も少なくありません。また、漢方薬は病院に行かなくても、薬局などで購入できるものも多いです。

実際に漢方薬を使ってアトピーを治そうとする場合には、どの漢方薬を選ぶかが大事です。漢方薬は副作用がなくて安心だというイメージを持っている人もいますが、赤ちゃんの身体は非常に弱いです。また、体質に合わない漢方薬を使っても、あまり効果は顕れません。なるべく赤ちゃんの体質やアトピーの状態に合ったものを選びましょう。

赤ちゃんに漢方薬を飲ませる場合には、ミルクの中に溶かして飲ませようとする人もいるかも知れません。しかし、漢方薬はあまり美味しい味はしません。そのため、ミルクを飲まなくなってしまう可能性があります。あらかじめ水で溶いたものを赤ちゃんのお口に含ませてから、ミルクを飲ませるといいでしょう。

Copyright © 赤ちゃんのアトピーは漢方薬で治す All rights reserved