トップ

赤ちゃんのアトピーの治し方

赤ちゃんのアトピーは漢方薬で治す

漢方薬で赤ちゃんのアトピーを克服する

最近、子供の肌がカサカサしていることが多いです。粉を吹くくらいの状態になっていることもあり、アトピーだと疑っています。子供はまだ1歳の赤ちゃんなのですが、私も旦那もアトピーではないので、どうしたらいいのか分かりません。赤ちゃんのアトピーについて知りたい方はこちら。

赤ちゃんの肌はかなり弱いため、ちょっとしたことでも負担になりやすいです。普段のスキンケアのやり方があまり良くなくてアトピーになることもあると聞きます。アトピーはダニや埃、雑菌などが肌に刺激を与えることでなってしまうことも多いでしょう。

大人の場合には、少しくらいダニや埃によるダメージを受けても、肌を守る機能が備わっています。しかし、赤ちゃんは皮脂の分泌量が不十分であることから、少しの刺激でもアトピーになりやすいのです。

特に肌が乾燥してカサカサしている状態だと、肌のバリア機能はほとんど働いていません。ダニや埃などの刺激を強く受けてしまいます。子供の肌の状態を見て、できるだけ早めに治療を受けた方がいいと思いました。

アトピーを治すには病院に行って治療を受ける方法と、自宅でスキンケアなどをして治す方法があります。病院では西洋医学による治療をやっているところと、漢方などの東洋医学を用いた治療をやっているところがあります。どちらかというと西洋医学による治療をメインとしている病院の方が多いです。

西洋医学ではアトピーの治療はステロイドなどを使用して行います。ステロイドを使うことで、アトピーの症状を短期間で抑えることができるのです。赤ちゃんのアトピーが酷くて、すぐにでも治したいと思っている場合には西洋医学のやり方で治療をしてもらうといいでしょう。

しかし、ステロイドを使った西洋医学による治療方法にもデメリットがあります。それは、副作用のリスクが高いことです。特に赤ちゃんに対して行う治療の場合には、なるべく副作用のリスクは避けたいと考える親御さんも多いでしょう。

ステロイドにはグレードがあり、そのグレードが高いステロイドほど治療の効果も高いです。しかし、同時に副作用のリスクも高まります。強い薬で症状を和らげようとするのは、避けたいと考えました。

これに対して、漢方薬を使用する東洋医学による治療法なら、天然由来の生薬やハーブなどを使用します。そのため、副作用のリスクがありません。少しずつ体質改善を図りながら、治して行くようなやり方です。

アトピーの原因を探ったり、体質に合ったやり方を模索したりしながら治療を進めて行きます。そのため、ステロイドを使った治療方法のように、短期間ですぐに症状を改善させることは難しいでしょう。治療を始めたばかりのころは、あまり効果を実感できないかも知れません。

漢方薬による治療は、すぐに症状を抑えるのが難しいということで、ステロイドを使った治療方法とどちらがいいのか迷いました。どちらも一長一短あります。そして、最終的には、漢方薬を使った東洋医学による治療を選ぶことにしました。

漢方薬はすぐには症状を抑えることができなくても、少しずつ効果が顕れるでしょう。副作用がないことから、少なくとも、現在の状態よりも悪化してしまうことはありません。ステロイドはとりあえず症状を抑えるような治療方法ですが、漢方薬は体質そのものを改善します。

そのため、長期的な視野で考えると漢方薬に軍配が上がるでしょう。何よりも副作用がないメリットは大きいです。漢方薬で治療を進めながら、普段のスキンケアのやり方や、生活習慣なども見直してみたいと思います。

Copyright © 赤ちゃんのアトピーは漢方薬で治す All rights reserved